借金と住宅の問題

自民党時代から景気対策の最有力と言いますか何かというと出てくるのが住宅取得控除ってやつで、乗せられてマイホームを購入した人は何年間か税金を控除してあげますよってやつなのですが、考え方とすれば住宅産業はすそ野が広いですから景気対策に有効 ...

借金と住宅の問題

えっと小学校で習ったのかそれとも中学生になってから習ったのかはすっかり忘れてしまいましたけど、需要と供給の関係ってのがあって物の値段は需要が多くて供給量が追いつかないと上昇して、逆に供給過剰で需要が供給量に対して少ない場合には価格は下 ...

借金と住宅の問題

しかし住宅ローンの多くが25年とか20年で最長ですと35年とかの長期になりますから、不動産の資産価値の上昇とか下落とか経済情勢の変化などを考えますと、サラリーマンが頭金を貯めて25年の住宅ローンを組んでマイホームを購入するって事は相当 ...

借金と住宅の問題

ネット上のニュースで流れた話ですからご存じの方も多いのでは無いかと思いますが、マイホームの任意売却時のトラブル急増なんだそうですね。

不動産の任意売却とは簡単に説明致しますと、無理して住宅ローンを組んだとか勤務している企業 ...

借金と住宅の問題

報道によりますと、個人向けの住宅(土地付き一戸建て及び分譲マンション)におきまして、住宅ローンの支払い不能が原因で、差し押さえ競売になってしまう件数が、ジワリどころか倍増しているとの事で有りまして、専門家に言わせますと今は未だ序の口で ...

借金と住宅の問題

勿論銀行とか金融機関の体質みたいなものが出るとは思いますが、はっきり言いますとリスケの交渉に出かけて二つ返事でOKを出してくれるって場合は、たぶん皆無で現行としては面倒だし融資の焦げ付きなど事故扱いの案件が発生すると個人の査定や視点の ...

借金と住宅の問題

2009年には不況と中古住宅の価格下落とセットになって注文した覚えはないけど、日本に運ばれて参りましてそれによって住宅ローンの支払い不能ですとか、家を失ってなおかつ借金だけが残るとか、住宅ローンって担保が設定されていても所詮は借金であ ...

借金と住宅の問題

最近は住宅ローンを組む際に保証協会へ一定額の保証料を支払って保証協会の債務保証を条件に資金を貸し出す銀行や金融機関が増えていますが、これは連帯保証人と並んでと言いますか、資金を借りようとする人にとっては余計な保証料の支払いが発生するだ ...

借金と住宅の問題

分譲マンションに限らず、住宅ローンの支払い不能になった時には残念ながら住んでいた不動産を売り払うとか、場合によっては競売にかけられてたたき売られてしまうって事になるのでありまして、どうやら日本は過去体験した事がない未曾有の不況に突入す ...

借金と住宅の問題

あてと褌は向こうから外れるなんて事が言われますが、人生そうそう順風満帆に徹頭徹尾平穏無事に過ごせるとは限らない訳でありまして、聞いた話では今の日本で25年とか30年とか長期にわたって住宅ローンを組むなんてのは、かなりのリスクを伴う事っ ...