借金と住宅の問題

金持ち喧嘩せずって昔から言われますが、人間関係の悪化とか夫婦喧嘩だとかその原因が金銭で有る事は少なく無くて、お金が絡むとその人の本性が出たり、違う一面を見せられたり致しますね?

友人にお金を貸して無事期限通り返却されれば良 ...

借金と住宅の問題

世の中の景気の影響と何時の間にか気が付いたら簡単に是正できないほどの格差社会の影響と、日本社会のセーフティネットの脆弱さからか年を追って自己破産申請の件数が増えているようですが、今回のコラムではこの自己破産の方法と問題点について考えて ...

借金と住宅の問題

銀行にしてもお金を貸し出すって事は回収に対するリスクが発生しますので、担保をとったり連帯保証人を出して貰って万全を期すわけですけど、基本的に資産が無いからお金を借りる場合が少なくないですし、借金の保証人にだけはなるなって家訓にしている ...

借金と住宅の問題

これから書くことは、借金を無くす方法ですが主に企業で銀行からの借り入れが増えてしまって、倒産の危機から脱出するための私なりの考えややってきたこと を書いておこうと思います。

大原則

返済の為に新たな借り入れを絶 ...

借金と住宅の問題

相変わらずと言いますかサラ金のコマーシャルに変わって増えているのが弁護士や司法書士のサラ金からの過払い利息の還付ですとか自己破産関係の広告なのですけど、ある意味では弁護士が積極的に広告を出すことによって身近な存在になったと思いますが、 ...

借金と住宅の問題

時効の制度に関しては疑問をいだいている人が少なくないと思いますが、今回のコラムでは借金の時効について再度考えてみたいと思います。

まず基本的には請求を続けいている限り時効算定期間のスタートにはならないワケですが、もし裁判に ...

借金と住宅の問題

今回はまず私自身の事から書こうと思いますが、会社としては創業してから会社拡張時に借り入れた借金から、個人的にも住宅ローンを抱えていまして楽ではないけど一時的な借り入れでしのいだり、なんとかかんとか今のところ破産することも無く、事業を続 ...

借金と住宅の問題

一体何のために借金の時効が存在するのかこのあたりは私にはよく理解出来ないのですが、とにかく借りた金を返さなくても一定期間なりを潜めて督促を受けない状態を経過すれば借金は帳消しになってしまうのが法律で決められた借金の時効なので有りますが ...

借金と住宅の問題

人間らしい生活を営むために必要な要素として衣食住と言われますが、住宅ローン滞納で住んでいる家を失ってしまう人がジワジワと増えているようなのでありまして、これは景気の悪化によって職を失ったり、収入の激減によりまして計画していた住宅ローン ...

借金と住宅の問題

クレジットカードって便利ですよね、現金を持ち歩かなくてもいいですし現金で支払うときに比べてカード会社がポイントを付けてくれて実質的に1~3%程度の値引きになりますし、後で明細書が届くので何に使ったのかチェックがしやすいですし、インター ...