本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

自分で競売を取り下げる方法(取り下げて貰う)

  1. 競売取り下げの可否は全て申立した人(会社)次第
  2. 債権回収会社(サービサー)に債権が移動している場合
  3. 債権者次第で一括返済以外の分割を認めてくれる事も
  4. とにかく放置にメリットなし

ご自宅が競売になってしまってご相談を頂いた方の中でご自身が交渉するだけで競売が取り下げになる可能性が高い方については、まずはご自分で債権者と連絡をとって取り下げ交渉をされてみる事をご提案する場合があります。

競売取り下げの可否は全て申立した人(会社)次第

まずは一日でも早く競売申し立てた債権者の担当者に電話連絡してみましょう。

そして迷惑をかけたことをお詫びするとともに相手の話をよく聞いてください。

債権者の目的は貴方を困らせることではなく、競売申しててたのも債務を少しでも回収して問題解決に向かうための一つの手段として行ったに過ぎないのですから、債務者(つまり貴方)より解決に向けた具体的な計画の提示があれば内容により競売を取り下げて貰える可能性が出てきます。

ページ上部に戻る

債権回収会社(サービサー)に債権が移動している場合

債権回収会社は貴方の債権を何割引きかで元々の債権者より購入して、買った金額よりも多くの金額を貴方から回収する事で利益を得ています・・・という事はネットの情報から貴方もご存知かと思います。

しかし、だからといって簡単に債務を減額するようなケースは少ないのですから、あくまで丁寧に相手にとってメリットの有る具体的な提示をしてください。

※無担保債権で回収の見込みが非常に低い場合などでしたら債権額の3%とかめちゃくちゃ安い金額で債権を買い取っていますが、土地建物が担保になっていて競売で一定額が確実に回収できるような債権でしたら、そこまで極端に安く債権を購入していないのが現実です。

ページ上部に戻る

債権者次第で一括返済以外の分割を認めてくれる事も

一般的に競売申し立てまで至った債務について競売取り下げの条件として一括返済が基本と言われていますが債権者によっては柔軟に対応してくれる場合もありますので、諦めずに根気よく交渉してみてください。

ページ上部に戻る

とにかく放置にメリットなし

まずはご自分で債権者に交渉するにしても、私のような任意売却を得意とする不動産業者に依頼するにしても、遅くするメリットは何一つ無いのが現実です。

最善の結果を残すためにはまずは行動を起こしましょう。

ページ上部に戻る