本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

競売・無剰余による取り下げとその後

  1. 一定の条件を満たすと競売は自動的に取り下げに
  2. 無剰余による取り下げとその後

一定の条件を満たすと競売は自動的に取り下げに

不動産の競売においては一定の割合で自動的に競売が無剰余を理由として取り下げになる事があります。

簡単に説明しますと競売が成立したとしても申し立てた人に1円も入ってこない事がはっきりしたらその時点で競売は取り下げになります。

具体的に例を書きますと太郎さんに対して債権者Aが競売を申し立てて裁判所が申し立てを認めて太郎さんの自宅が競売になってしまったとしましょう。

ところが太郎さんの自宅には別の金融機関が住宅ローンの貸付をしていて金融機関は自宅に抵当権を設定していました。

太郎さんは金融機関に対しては遅れることなく住宅ローンを返済していましたが、まだ1000万円以上の残債務が残っている状態でした。

さて競売にかかった太郎さんの自宅は裁判所から査定官がやってきて自宅の査定を行いまして、査定の結果は800万円が資産価値と判断されました。

上記の場合、800万円で太郎さんの自宅が落札されても先に抵当設定している金融機関の返済が優先されるので、競売を申し立てた債権者Aには1円も入ってこない事になります。

そうしますと競売を続行して太郎さんの自宅が落札されたとしても、先に抵当権を設定している金融機関への返済が優先されますから、競売を申し立てた債権者Aさんには1円も入ってこない事になりますから、競売が無意味という事で取り下げになってしまうわけです。

ページ上部に戻る

無剰余による取り下げとその後

競売が何もしなくても取り下げになるわけですから良かったよかったと言いたいところですが、借金が無くなるわけでは無いですし競売申し立て時に発生する経費は債務者負担になりますので振出しに戻っただけの話ですね?

その後については債権者の考え方次第ではありますが、金融機関の残債務が減少して無剰余にならないタイミングで再び競売申立してくる場合もありますし、給与の差し押さえなど他の手段で債権の回収をしてくる可能性も出てくるわけです。

ですから現状を良く考えた上で債権者と話し合いをするですとか、再スタート計画を計画するですとか、競売になった事をきっかけとして今後の生活を考え直すという事がとても大切な事だと思います。

ページ上部に戻る