本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

競売物件の裁判所の査定(現況調査)について

  1. 自宅が競売になると
  2. 無視しても不在でも強制的に執行されますのでご注意
  3. 査定の際にやってきた執行官にどう対応すべきか?
  4. 物件の査定が終わると

自宅が競売になると

不動産物件が競売になりますと物件の価値を見極めるために査定(現況調査)を行って売却基準価格を算出する事になります。

これは裁判所の執行官と不動産鑑定士が一緒にやってきて、内外の写真を撮りつつ査定に必要なヒアリングを行ったりします。

ページ上部に戻る

無視しても不在でも強制的に執行されますのでご注意

競売にかかってしまった物件の中には夜逃げなのか不在になっていたり、住んでいても裁判所からの問合せを無視される方がいらっしゃるようですが、そんな時には錠前屋さんが一緒にやってきて鍵を壊してでも開けてしまいます。

またこの際にかかった費用については債務者(競売を申し立てられた人)の負担(請求)になりますので注意が必要です。

ページ上部に戻る

査定の際にやってきた執行官にどう対応すべきか?

もちろん指示に従って聞かれたことには正直に答えるに限ります。

債務を返済するために家を競売で売却されるのですから、1円でも高く売れたほうが高く売れた分だけ手元にお金が残ったり、債務が圧縮される計算になりますが、相手はプロの不動産鑑定士と査定官なのですから嘘をついても100%ばれると思っておいた方が良いでしょう。

ページ上部に戻る

物件の査定が終わると

査定が無事に終了すると約一か月程度で査定額が出来てきます。

この段階で査定額の確認ができるのは所有者(競売を申し立てられた債務者)だけが査定額を閲覧することが出来ます。

電話では教えてくれませんので管轄の裁判所に出向いて確認する事になります。

また査定してから約半年後位に競売に対する入札が始まり間もなく結果が出る事になり、誰かが落札した場合は退去する必要が出てきます。

ページ上部に戻る