無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

共有名義の不動産と住宅ローンと競売(離婚問題)

  1. 離婚と競売後に残る残債務(借金)について
  2. 共有名義のデメリット
  3. 競売には冷静な判断を
  4. 感情よりも損得勘定で今後を考える

自宅を購入される際にご夫婦の共有名義で購入(登記)された不動産が競売にかかってしまったご家庭に訪問する機会も少なくないのですが、中には共有名義のまま離婚されていたり離婚予定という場合や、別居中というケースも有りましたが今回は共有名義の不動産と住宅ローンの未払いや競売について考えてみたいと思います。

離婚と競売後に残る残債務(借金)について

住宅ローンの支払ができなくなってご夫婦共有名義のご自宅が競売になった場合で考えてみようと思います。

共有名義の家を売却しても債務が残ってしまう場合のポイントは住宅ローンを組んだ際の債務者の名義です。

住宅ローンの借り入れがご主人の名義のみで行われていた場合は債務が残った場合、ご主人のみに債務が残り奥様に義務が残ることは有りません。

しかし住宅ローンの借り主にご主人以外に奥様の名前も入っている場合は奥様にも残った債務がかかってくる事になります。

ページ上部に戻る

共有名義のデメリット

将来離婚を考えている夫婦が共有名義で不動産を購入する事は無いかと思いますが、たとえ共働きだとしても名義は1人にしておいたほうが良いと思います。

別に共有名義になっていなくても離婚になれば共有財産だと認められますし、現金化するにしても名義は一人のほうが非常に楽ですからね。

今から言っても遅いと思いますが・・・

ページ上部に戻る

競売には冷静な判断を

実際に共有名義の不動産を任意売却によって対応して少しでも良い形で新生活をスタートさせようと思っても、共有名義の一方の方が別居していて話ができないケースがあります。

自宅の競売を回避して任意売却でより良い形を目指すためには、全ての所有者(登記簿上の名義の方)と債権者の同意が必要になりますので、離婚のことは別の問題として対応いたしませんと大きな損失を被ってしまう場合が少なく有りません。

ページ上部に戻る

感情よりも損得勘定で今後を考える

離婚というのは感情の部分が原因である事がほぼ全てであると言えると思いますが、共有名義のご自宅と競売という問題に直面したときは置かれている現状と双方の将来に対する希望をよく話し合って、損失がより少ない方向に舵を切って頂きたいと思います。

別れることが決まったのでしたら感情的になっていがみ合っても何の得も有りませんからね?

ページ上部に戻る