本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

オーダーカーテン選び

  1. 先ずは生地選び
  2. 日本の場合
  3. カーテン選びのポイント

先ずは生地選び

オーダーカーテン選びはお店選び、オーダーカーテンは素材選びとも言えましょう。

オーダーカーテンといっても、日本の場合はセミオーダーカーテンと呼んだほうが、正解かもしれませんね?

かのヨーロッパはカーテンの歴史は、日本と比較にならないほど古いですので、カーテンの生地の種類が膨大ですし、このみの生地をカーテンに仕立てる職人も歴史の積み重ねがありますので、生地を選んでカーテンに仕立てることは、当たり前のように行なわれているのでしょうね。

ページ上部に戻る

日本の場合

日本の場合、セミオーダーカーテンと書きましたが、生地からカーテンに仕上げるカーテン職人はそれほど多数存在しませんし、需要も少ないので、どちらかといいますと、既成に近い状態まで出来ているカーテンを、寸法だけ(つまり裾上げ)をやってピッタリのカーテンを仕上げるって感じでしょうか?

別に、ここでヨーロッパのオーダーカーテンじゃいけないとか、セミオーダーカーテンはオーダーカーテンじゃないとか書くつもりは全然無いのです。

なにせ日本は高温多湿の国でありまして、梅雨もありますし、寒い日にはしっかりと結露が発生します。
最近の新しい機密性の高い家ほど結露が発生しますので、カーテンに対するダメージも発生しやすいわけですね。

ページ上部に戻る

カーテン選びのポイント

で結局 オーダーカーテン選びのポイントは?って所なのですが。

日本の場合、結露によるカビが発生しにくい素材を選んで、予算や色が自分に合えば、オーダーカーテンでも吊るしの既製品のカーテンでも良いのではないでしょうか?

まあ専門店なんかに行きますと、インテリアコディネーターを名乗る人が出てきまして、プロにお任せくださいって感じでコーディネイトはこーでないとって感じで勝手に決められてしまったりする事も有りますけど、まあ怪しい物ですよね?

兎に角、自分が気に入れば何でも良いのでは有りますが。

ページ上部に戻る