本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について

  1. 住宅の10年保証
  2. 保障内容については
  3. 保証をらくらく乗り越える天災
  4. 水害地域で保険会社が加入を引き受けない事態に

住宅の10年保証

最近は町の工務店でも、住宅保障機構を利用して10年保障が当たり前になってきています。
この10年保障について考えてみたいと思います。

実はこの保障内容について、非常に気になる事が有りましたので、調べてみました。

ページ上部に戻る

保障内容については

地盤沈下や家の傾きについて、10年間保障する内容なのですが、気になったのは天災、つまり地震とか台風で保障がされるかどうかの点と、天災による不具合と施工の問題による不具合の切り分けなのです。

私が思うに、毎日無風状態で、全く地震もなく平和な毎日が続いていれば、余程の施工をやっていない限り不具合は出てこないと思うのです。

ちょっとした地震や風が吹いて住宅に不具合が出た場合、どこまでが天災によるものか、施工の問題なのかの切り分けが明確でない点なのが疑問なのであります。
気になって、電話で確認を取ってみましたが、個別に調査をして切り分けるとの事で明確な基準はないようです。

どうせなら、震度6以上は天災により保障しないとか、風速50メートル以上は天災なので保障しないとかの明確な基準が欲しいところです。

ページ上部に戻る

保証をらくらく乗り越える天災

2019年は台風と水害で千葉県の他、甚大な被害を受けた地域が多かったですね。

多くの家屋が下から上がってくる水で被災したり強風で屋根が吹き飛んだり被害を受けた方の多かったわけですが、10択の性能を保証する制度ではこの手の被害は無関係という事になります。

それをカバーするのが保険という事になるのですけど、甚大な被害によって問題が持ち上がっています。

ページ上部に戻る

水害地域で保険会社が加入を引き受けない事態に

台風や水害に備える方法の一つに保険に加入するという手があるのですが、甚大な被害が出た地域におきまして保険会社が保険の加入を受けないという事態が発生しました。

これから同様の水害が起きる可能性を否定できませんし、行政の治水工事には数年かかりますから保険会社としてみたら、大きな損害を発生させる災害が発生する可能性の高い地域の保険は新規加入を見合わせるのは正しい判断なのかもしれません。

しかし保険に入れないとなると引っ越しを考えなくてはいけませんね。

ページ上部に戻る