無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

間取りは自分で考える、間取り作成ソフト

  1. 家庭用間取り作成ソフト健闘中
  2. 使い勝手から考えると収納は多めに
  3. 意匠と設計費
  4. クラウド版も登場(2020年現在)
  5. 間取り変更や模様替え引っ越しシミュレーションにも

家庭用間取り作成ソフト健闘中

一般のかたむけに住宅の間取り作成ソフトが売れているそうです。

一昔前は、家を建てるときに間取りを自分で考える場合、方眼紙を買ってきて、鉛筆で自分で線を引いて間取りを書くことが一般的だったのですが、最近では1万円程度の間取り作成ソフトをパソコンショップで購入しますと、マウスで間取りを入力しますと最終的には、立面図やカラーパースまで出来上がってしまうようになってきました。

家を建てるときに自分で間取り図を考えて作ってしまうのは、非常に楽しい作業ですし良いことだと思います。

ページ上部に戻る

使い勝手から考えると収納は多めに

そこで、少しだけアドバイスを致しますと、収納を考えたほうが良いですよ!

つまり、押入れとか、物入れとか、納戸ですね。
かぎられた中で間取りを決めていく場合、どうしても広い部屋、広く、広くってやっていきまして、収納関係が非常に少なくなってしまう場合があるようです。

部屋を広くした結果、収納部分が少なくてかえって部屋の中が物で一杯になってしまっては困りますからね?

ページ上部に戻る

意匠と設計費

一般的に木造建築における建築設計費の取り分は建築費用の20%とされています。

では自分で間取りを考えて作ったから設計費用は不要かと言いますと、そんな事にはならないのでありまして、建築士さんが書く図面の中で間取り図の全体に占める割合はごく僅かなのでありまして、実際に大工さんが家を施工したり発注する材料まで落とし込んだ図面まで膨大な作業が必要なのです。

ページ上部に戻る

クラウド版も登場(2020年現在)

普通の人が自宅を新築しようとして注文住宅の間取りを自分で考えてみたいと考えて、間取り作成ソフトを購入しても1回しか使わないとしたら勿体ないような気もしますよね?

最近ではクラウド版も出ているようですので、試してみるのも良いのでは無いでしょうか?

ページ上部に戻る

間取り変更や模様替え引っ越しシミュレーションにも

間取り作成ソフトは基本的に家を新築する際に使いますが、家庭用に簡単に間取りが作成できるソフトですから、部屋の模様替えですとか家具の配置換えとか引越し前のシミュレーションにも使えるようです。

すこし高級品になりますと3Dでバーチャル体験も可能な機能まで備わっていますからね。