本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

生活苦の原因は住宅ローン(住宅ローンの支払を優先するのは間違い)

  1. 住宅ローンの返済期間は長い
  2. 住宅ローンは固定支出
  3. 住宅ローンの支払を優先するのは間違い
  4. 税金や他の返済を優先してしまう
  5. 見栄えを捨てて冷静な判断を

住宅ローンの返済期間は長い

一般的に住宅ローンの返済期間は25年プラスマイナス5年で組む場合が多いのですが、25歳から65歳まで40年働くとして働いている半分以上の長い期間を借金返済しながらの生活になるのです。

そしてこれが右肩上がりで土地価格が上昇を続けているのでしたら何のリスクも有りませんが、土地の値段は上がる確約もないし、建物は20年も経過すれば下手すると二束三文の価値になってしまうのですから考えるとかなり怖い話です。

ページ上部に戻る

住宅ローンは固定支出

企業経営においても固定費(毎月必ず出ていく経費)の増大が経営を圧迫する事は常識ですが、一般家庭の家計においても同じことが言えますね?

というよりも急な出費の増大があっても逆に収入の急上昇があまりないのが家庭生活の家計ですから企業経営以上に固定支出の増大はダメージとして大きいのかもしれません。

ページ上部に戻る

住宅ローンの支払を優先するのは間違い

ケースとして多いのが優先順位を間違えて他に優先すべき事よりも住宅ローンを優先してしまって、生活苦や窮地に陥ってしまう場合です。

消費者金融で借り入れをして住宅ローンの支払いに充てる

消費者金融の貸出金利は住宅ローンの金利に比べて何倍も高いのですから、そんな事をしたら苦しい状況に拍車がかかる事は明白です。

そんな事をするよりも先に住宅ローンを借りている金融機関に相談してみるべきです。

※金融機関の中には手のひらを返すような酷い銀行もあるのは事実です、また借金で首が回らなくなる前段階で相談できる場所がないのも問題かとは思っています。

ページ上部に戻る

税金や他の返済を優先してしまう

税金の支払いを遅延した場合の延滞税(利息)はとても高いです。

それに市役所や国税の場合は民間の金融機関のようにしつこく督促をしない代わりに迅速に実力行使に出てきます。

具体的には資産の差し押さえや給与の差し押さえなど国家の調査能力と実力で民間とは比べ物にならないほどの力で税金を徴収します。

更に民間からの借り入れでしたら自己破産して免責を貰えればチャラにできるのですが、税金に関しては自己破産しても消滅しませんし追いかけてきます。

ページ上部に戻る

見栄えを捨てて冷静な判断を

住宅ローンの負担が重荷で近い将来破綻する状況にいらっしゃる方は日本中に数十万人存在すると思われますが、見栄を捨てて冷静に判断する、優先順位を間違えなければ最悪でもゼロからのスタートが可能なのですから。

ページ上部に戻る