本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

借金返済の優先順位

  1. 任意売却(競売)終了後に問題を残さないために
  2. 再起の足かせになる税金の滞納
  3. 多くの人が催促・督促の激しい順に支払う
  4. 税金の滞納は督促がゆるい代わりに

任意売却(競売)終了後に問題を残さないために

当社(株式会社ミライエ)の主たる業務のひとつが競売になった不動産を任意売却で売却する事なのですが、当然ですが借金(債務)問題の解決を図るという事からは切っても切れない業務です。

お客様の不動産を任意売却という手法で販売するにしても、リースバックでそのまま家賃を支払う形で住んでもらうにしても、生活が成り立つという前提での計画を元にお話を進めていきます。

ご自宅を手放して債務を返済完了する場合はともかく、自宅を手放しても債務が残る場合は可能であれば無理のない金額で分割払いをしたり、到底不可能な状態であったら自己破産も視野に入れて行動しなくてはいけません。

ページ上部に戻る

再起の足かせになる税金の滞納

税金の滞納は自己破産して免責になっても除外されずに残りますし、遅延したことによる利息も高いですし、民間金融機関のように交渉して減額してくれる事も滅多にありません。

つまり税金が1番手強いのです。

ページ上部に戻る

多くの人が催促・督促の激しい順に支払う

住宅ローンの支払が遅れると素早く銀行(金融機関)から電話がかかってきて、家を失いますよと脅かされて(事実を言われるだけですが)、消費者金融も同様に携帯から場合によっては職場までお電話で催促してきます。

またお休みの日に文字通り借金取りが自宅にやってきて返済を迫る事も普通に行わてておりまして、大概の人が督促が激しい順に支払ってしまったりします。

もちろん激しく督促しないと不良債権になって回収不能になる可能性があるからで、お金を貸した側の行動としては当然の行動です。

ページ上部に戻る

税金の滞納は督促がゆるい代わりに

話は変わって税金の滞納については激しく電話することもなければ、強い口調で恫喝されることも有りません。

しかし行動は素早くて実力行使の実行力はダントツに高いです。

お客様の中には勝手に保険を解約されて現金化されて税金を回収された方もいらっしゃいますし、毎月の給料の中から一定額を差し押さえられているとか、給料日に銀行に行ったら勝手に預金を引き出されて税金の回収をされたなんて事は普通に行われております。

つまり催促とか督促みたいな面倒で手間のかかる事は手紙を送る程度で済ませて、払わない人には事務的に機械的に回収してしまうという事です。

※競売まで至っていなくても差し押さえがかかっている不動産は実に多いです。

そんなわけで税金の支払いは最優先にしませんと、立ち直る道のりが険しくなってしまうのです。

ページ上部に戻る