本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

任意売却にかかる費用や諸経費

  1. 売却代金から捻出または買い主が負担
  2. 不動産売買時に発生する諸費用
  3. 任意売却ならではの発生する諸経費
  4. 任意売却にかかる経費のまとめ

売却代金から捻出または買い主が負担

当社に限らず任意売却を行う場合、売り主(競売になった不動産の持ち主)は何ら費用を負担することなく、たとえ任意売却が失敗して売れなかった場合はもちろんですが、何らかの理由でキャンセルになった場合でも費用負担をする事は有りません。

しかし任意売却とは不動産取引なのですから様々な諸費用や任意売却がゆえに必要な費用はかかるわけですから、それは売却代金の中から充当したり買主さんに負担してもらっていますので、売主さんも知っておいたほうが良いと思います。

ページ上部に戻る

不動産売買時に発生する諸費用

仲介手数料

金額によって仲介手数料に段階がありますが物件価格の3%程度です。

一般的な不動産売買では売り主買い主の双方へ請求するのですが任意売却では売り主には請求しません。(任意売却を行う不動産業者の利益になります)

登記費用

司法書士に依頼して行う抵当権の抹消や名義書換に発生する費用です。

ページ上部に戻る

任意売却ならではの発生する諸経費

物件の状況により発生しない費用もあります。

債権者への返済

売却の目的がこれですから当然ですね。

競売を申し立てた債権者以外にも税金(固定資産税)やマンションの場合は管理費や修繕積立金などの支払いも必要になります。

残置物処理費用

転居後に残るゴミの処理費用です。

普通の不動産売買では住んでいた家をきれいに空っぽにして出ていくのが原則ですが、任意売却では全ての荷物を引っ越しで持っていけない場合も多いので、状況に応じて予め必要な残置物(ゴミ)処理費用を確保しておきます。

ハンコ代

聞き慣れない言葉かと思いますので解説します。

不動産の売買を行うには該当物件に設定された全ての担保を解除する必要が出てきます。

不動産を売却た際に債務がある場合は優先順位によって配分されますが配分は0円ですが抵当権を設定していますと抵当を抹消してもらわないと売買することが出来ません。

その場合は5万程度のハンコ代を支払って抵当権を抹消してもらう費用です。

引越し費用

スムーズに退去いただくために買主さんに出してもらうという考え方が順当かと思います。

(慣習として控除が認められているわけですが立ち退き費用的な意味合いが強いと思います)

ページ上部に戻る

任意売却にかかる経費のまとめ

更に細かく見ていけば裁判所に出す競売取り下げ申請の費用ですとか印紙代などがありますが、普通の不動産売買に比べてかかる諸経費は多いですが、悪質な業者に騙されないように必要な費用を把握しておくことは必要だと思います。

ページ上部に戻る