本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

子供が小さいのに住宅ローンが払えない

  1. 意外と多いマイホーム購入と住宅ローンのパターン
  2. 子供にとってお金のことを学ぶ良い機会?
  3. 子供の成長は早く借金も昔よりできやすい時代ですから

意外と多いマイホーム購入と住宅ローンのパターン

残な事に幸せに結婚して子供が生まれて成長して、そろそろ子供も大きくなったし子供部屋も持たせたいしとお子様が小学校に入る頃に住宅ローンを組んでマイホームを購入するケースは珍しくありません。

しかしお子様が成人する前に住宅ローンが払えなくなってしまうケースも少なくないのが現実です。

折角わが子のためを思って思い切って購入したマイホームが逆に子供が小中学校位の時に自宅の競売を体験すると言う同情してしまうケースに遭遇した事は一度や二度ではありません。

しかし債権者は同情などしてくれませんからローンの支払いが焦げ付きますと、しっかり差し押さえして競売にかけてきて債権を回収しようと行動を起こします。

子供にとってお金のことを学ぶ良い機会?

そんな当事者じゃないから気楽な事を言っていると思われるかと思いますが、クヨクヨしても状況は1ミリだって良くなりませんし、逆に明るく前向きに立ち向かった方が解決に向けて良いアイデアが浮かんだり、救いの手が差し伸べられるかもしれないと思います。

もちろん親としては子供には何不自由なく生活させてやりたいと思うのは当然ですが、、競売は毎年何千件も起きていて子供が小さいケースもたくさんあって、それでも半年一年で普通の生活に戻っている人も少なくないのです。

ですから親としては子供にお金の事を勉強させるつもりで競売という状況に立ち向かっていくべきだと思います。

なにせ学校教育で役に立つお金の勉強なんて学べませんし、ましてや借金を返せなくなった時に、どうやって立ち向かっていけば良いのかなんて絶対に学ぶことは出来ませんからね。

子供の成長は早く借金も昔よりできやすい時代ですから

だって携帯電話(スマホ)を1台契約しただけで既に2年ローンを組まされているんですから子供の借金初体験は早いのです。

そして携帯電話料金の支払いが遅れるとすぐに信用情報に瑕がついてブラックリストに入る事になります。

そんな時代ですから早いうちにお金のというよりは借金の勉強と立ち向かう方法について実践で学んでおくことは悪いことじゃないと思うのです。