本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

問題は細分化して解決する

  1. アントニオ猪木の言葉
  2. 競売の影には色々な問題が隠れている
  3. 目標を決めて問題点を洗い出す

アントニオ猪木の言葉

その昔に事業の失敗やクーデターなどで多額の借金で首が回らなくなったアントニオ猪木さんですが、気が付いたらいつの間にか立ち直って、昨年までは国会議員として活躍されていたわけですが、四面楚歌状態から抜け出した経験を持っている氏は色々と名言を残しています。

そんな名言の一つに「不幸というものは必ずダマになって(複数が絡み合って)やってくる。

ダマになった状態は強大なのでみんな負けてしまう、けどそのダマを解きほぐして小さくしていって1つ1つを小さくしてしまうと勝てるようになる」という名言があります。

そういえば自分もバブルが弾けた頃に(当時は自分で会社を経営する経営者だった)一気に公私ともに色々な不遇が噴出して、結局は15年営業した会社を畳んだ苦い思い出があります。

さて私の過去はさておきまして話を競売や任意売却方面に移動させます。

ページ上部に戻る

競売の影には色々な問題が隠れている

住宅ローンの滞納による競売もローンを組んだ当初は払えるという後ろ盾があっての話で保証協会の審査もパスして融資を受けているわけです。

住宅ローンの滞納以外の差し押さえ競売でも債務が発生した時点では、まさかマイホームが差し押さえになるなんて考えていなかったと思います。

それがリストラや会社の倒産、経営していた会社の売上不振だったり家庭不和だったり、ギャンブルにのめり込んでしまったり人によって様々で一筋縄でいかない場合も少なく有りません。

しかしどんな状況であっても立ち直るためにやる手順と方法は一緒です。

ページ上部に戻る

目標を決めて問題点を洗い出す

ピンチをチャンスに競売を人生好転のターニングポイントにするためには目標を定めることと問題点を洗い出す事が必要です。

この時ですね問題点については先ずは解決しなくてはいけない問題なのか、それとも無視したり放置すべき問題なのかを整理します。

なにせ競売は開始から終了までの半年間で良い結果を出さなければいけないのですから優先順位を付けたり、あえて無視するなどの切り分けは非常に大切になります。

あとは細分化して対策を取っていくのですが、時効という制度ですとか無い袖は振れない等を活用すれば瞬時にというわけには行かないまでも解決できない問題は少ないと思うのです。

ページ上部に戻る