本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

住宅ローンと子供の貧困

  1. 生活困窮7%、予備軍12%の衝撃
  2. 持ち家家庭の生活困窮
  3. 子供の成長はかかるお金も増えると言う事

生活困窮7%、予備軍12%の衝撃

県の調査によると表記の数字ですので合算すると約20%で40人のクラスでは8人が生活困窮家庭またはその予備軍という事になります。

生活困窮家庭の子供は塾に通えないですし生活に余裕がない家庭では勉強が分からなくても聞く人がいないとか、生活困窮と学習能力には相関関係があるという事で、解決を目指すと言う事です。

ページ上部に戻る

持ち家家庭の生活困窮

よくね、あの家は大きくて立派な家に住んでいてお金ありそうなんて有るじゃないですか。

確かに大きくて立派な家に住んでいるという事はお金持ちである場合が多いのですけど、立派な邸宅が競売になっている事もとても多いのが現実なのです。

お客様からご自宅が競売になってしまったという事で相談を頂くケースの中にはこんな事例があります。

2人目の子供が生まれて上の子が小学生になるまでに子供部屋も必要だし、無理してマイホームを購入したのですが、収入が思うように伸びなくて子供が大きくなるにつれて生活費も増えてきて、住宅ローンが払えなくなってしまいました。

まで自宅を差し押さえられていなくても子供のためを思って購入した住宅が逆に生活を圧迫している方も少なくないのではないでしょうか?

ページ上部に戻る

子供の成長はかかるお金も増えると言う事

誰だってそんな事は分かっていると思います。

しかしこの子が中学生になったらとか高校卒業する頃なんて将来に必要な生活費まで中々想像できないですし、では子供が大きくなるのに狭いアパートで暮らすと言うのも子供にとって良いのかどうか考えてしまいますね?

よく住宅ローンは年収の25%までとか購入するのは年収の5倍までとか言われますけどプラスして貯蓄の事も考えたほうが良いと思います。

つまり住宅ローンを支払っていても年収の5%は貯金できる生活でないと家は買わないって事です。

低金利時代ですから貯金していても利息は付きませんので、ある程度の貯金が出来たら住宅ローンの繰り上げ返済をしていくとか、子供が中高生になる頃には本当にお金がかかるのですから、子供が小さいうちに無理しない範囲で家を買って大きくなる前に繰り上げ返済で負担を減らしておくのが理想ではないでしょうか?

そうでないと子供の貧困がいたるところで発生しているのでして、その原因が家を購入した事にならないようにしたいものです。

ページ上部に戻る