本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

自殺する位なら夜逃げしちゃいましょう

  1. 現代でも意外と夜逃げが多いと実感
  2. 夜逃げで解決する事例は多いように思います。

現代でも意外と夜逃げが多いと実感

不動産が差し押さえされて競売になった事は千葉地方裁判所本庁の場合でしたら毎週水曜日の朝から配当要求という形で公示されます。(つまり誰でも閲覧できるように公開されるという事です。)

私の仕事は競売になった不動産の競売を取り下げて任意売却という形で売却するのが仕事ですので、配当要求が公示されたお宅には各種資料をお届けしています。

そして訪問した中で概ね30%から40%のお宅は既に転居済みですが、しかるべき対応をして引っ越された方も有れば中には文字通りの夜逃げをされてしまった方も少なからずいらっしゃるようです。

それは訪問した際にご近所さんからお話を聞くことが有るからです。

訪問した際にたまたま通りかかった近所の人から話しかけられて「そこのお家は誰も住んでいないわよ。

2か月くらい前に挨拶も無しに急にいなくなっちゃって噂では夜逃げしたって言ってるわよ!」

まぁ田舎のお婆ちゃんに個人情報保護も何もないわけですが、夜逃げしたと断定されたお宅の郵便ポストは郵便物で溢れていて、庭は雑草が伸び放題で外から様子を伺っても中は荒れ放題なのが分かるような状態です。

そんな時は所有者さんの今後の人生に幸福が舞い降りる事を心の中でお祈りして、その場を立ち去るのですが、きっと夜逃げ以外の選択権が無い状態になってしまったのでしょう。

ページ上部に戻る

夜逃げで解決する事例は多いように思います。

建前だけで書くのでしたら夜逃げなんて損ですし、弁護士に相談するとかちゃんと対応したら必ず何とかなるから逃げちゃダメって事になるのでしょう。

もちろん多くの場合は夜逃げなんてしないで、しかるべき相手に相談したほうが良いのですが、筋の良くない方面からの借り入れですとか弁護士がさじを投げたとか解決策の一つとして存在する事は間違いありません。

私の存じ上げるある元経営者の方は会社経営に失敗して夜逃げ(その間は韓国にいたとの事)して忘れたころに帰ってきて今は元気に働いている方を知っています。

自殺する位なら夜逃げしちゃいましょう

ご自宅が競売になった位でしたら全国で毎年数千件も競売になっているのですから私にご相談ください。

他にも公的な無料相談窓口もありますので(公的機関による多重債務(借金)の相談窓口)相談してみましょう。

それも叶わなくて自殺以外に無いまで追いつめられるのでしたら、まだ夜逃げしたほうが再起のチャンスは有ると思うのです。

ページ上部に戻る