本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

新型コロナ対策の特別融資

  1. 非正規で住宅ローン払っている人が意外と多い現実
  2. 返済が遅れると当然遅延利息が

非正規で住宅ローン払っている人が意外と多い現実

西暦2000年になる前のバブル経済の時は正社員よりもフリーランスの方が年収が高いケースも少なくなかったのですが、今の非正規雇用の労働者というのは、時給で働いて有給休暇も無い低賃金労働者という事になってしまうのですが、持ち家で住宅ローンを支払っている勤労者の中に一定割合で非正規雇用の方がいらっしゃいます。

またご主人は正社員で働いているけどご主人の収入だけでは生活が苦しいので、奥さんがパートで働いているケースはとても多いですよね。

さて今回の話題は新型コロナの影響で収入が無くなった(または激減した)、非正規雇用(社会保険未加入)の方に対して政府が打ち出した支援策、10万円の低利息融資(返済期日も伸ばします)ですが、ネット上のでは圧倒的に否定的な声が多いようですね。

だって新型コロナの収束が見えない中でお金借りても収入が回復して返せる目途なんて立ちませんからね。

ページ上部に戻る

返済が遅れると当然遅延利息が

現時点で特別緊急融資の詳細まで出ていないのですが、借りた以上は返済の義務があって返済には期日があって、期日までに返済できなければ遅延利息がかかってきて、どんな事になっても返済を逃れることが出来ない税金と同じ扱いになる事は間違いないです。

私が普段から住宅ローンが払えなくなった方とばかりお話しているからかもしれませんが、平常運転時でもギリギリの生活している人が結構多いんですよ。

ですから少々恥ずかしくても親や兄弟にまず援助を頼んだ方が良いと思います。

国の融資は最後の手段として考えましょう。

だって遅延利息はサラ金並みですし、取り立ては税金関係が一番迅速で厳し

ページ上部に戻る