本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

任意売却と嘘(時間がないので急いで下さい)

  1. 今日も多くのお客様が営業マンの嘘に騙される
  2. 多くのお客様が競売解決に複数の選択権が存在する事実

今日も多くのお客様が営業マンの嘘に騙される

私に任意売却をご依頼いただいたお客様の多くが他の任意売却を得意とする不動産会社とわが社を比較して選んでいただいた場合が多いのですが、その理由の一番というか全部がお宅の言っている事が一番信用できるという事を言っていただいています。

なんでも「時間がありません!急がないと大変な事になります!今すぐ契約してください!」てな感じでやたらと強引に契約を迫る業者が多いのだそうです。

もしお客様が競売(入札)開始まで残り一か月とかでしたら確かに時間的な余裕は有りませんけど、競売決定して裁判所から家の写真を撮影に来たばかりの時期でしたら、まだ半年は時間がありますから、焦って方向性を決めてはいけないのです。

かのアインシュタイン博士は、もし自分があと1時間で殺されるとして助かる方法を考えるとしたら最初の50分は適切な質問を見つける事に費やすと言っていますが、もし貴方が競売(入札)開始まで残り半年あるとしたら、最初の一か月間は適切な解決方法を検討する事に費やすべきだと思います。

ページ上部に戻る

多くのお客様が競売解決に複数の選択権が存在する事実

この話はあまり書きたくないのですがご自宅が競売になってしまって、私に相談いただいたお客様の約1割は簡単なアドバイスであとは全部自分だけで家を手放すことなく競売問題を解決されています。

また多くのお客様が複数の解決方法がある場合が多いので、裁判所からご自宅の写真を撮影に来てから約1か月後に裁判所の査定額がはっきりするまでの間に複数のプランを比較検討して一番お得な道を選ぶべきなのです。

特に債務額がご自宅の資産価値よりも低い場合は裁判所の査定金額が無い状態では債権者との交渉はとても難しいのが現実なのですから、焦って解決方法を一つに絞る事は非常に危険な事だと思います。

まずは半年後の理想の生活をイメージして実現するために取りうる事が出来る方法を検討してから解決に向かって歩みだすことを強くお勧め致します。

ページ上部に戻る