本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

住宅ローンとボーナス払いと新型コロナの支援策(住宅ローン破綻)

リーマンショックが可愛く見えるほどの経済危機が確実な日本で緊急支援策としてマスク2枚の支給が・・・って喜劇じゃないんですから大胆に実行すると言ったのですからしょぼい事はやめてほしいものです。

  1. ボーナス払いがピンチの人
  2. 早めの対処を

ボーナス払いがピンチの人

まだ大枠(総額)の目処が発表された程度で時期や内容の詳細が決まっていない状態ですが、住宅ローンの返済をボーナス併用払いにしている人は非常に不安な人がいらっしゃるのではないでしょうか?

収入が減った人を対象に経済的支援を実施すると政府は言っていますけど、正社員として働いている場合ですと基本的に毎月の給料は固定給ですから、支援対象から漏れる可能性が高いのですが、医療関係とか特需で売上急増している企業以外ではボーナスは半減どころか支給なしの可能性が高いのではないでしょうか?

実は住宅ローンが払えなくなって自宅を競売で手放さざるを得ない状況になってしまった人の中でボーナス払いで破綻が始まった人が多いのが現実なのです。

それも後からなら何とでも言えると批判されそうですが、毎月の支払いは何とか出来ていてボーナス払いだけが支払えなくて、やむなく消費者金融でボーナス払い分を借りてきて支払ったのが運の尽きみたいな悪手を打ってしまう人が多いのです。

ページ上部に戻る

早めの対処を

このコラムをお読みの方の中で支払い中の住宅ローンに将来不安がある人は今すぐ借入先の銀行に電話して、もし新型コロナの影響でボーナス払い分の支払いが難しくなった場合、どのような対応が考えられるかを確認しておきましょう。

またその際に長期間に渡って収入の回復が見込めない場合の対応も検討しておいたほうが安心かと思います。

私の予想ですと新型コロナの影響で高額不動産物件ほど今後資産価値の大幅な下落が考えられますし、場合によっては住宅を処分(リースバックで住み続ける手もあり)する事で債務整理するような交渉を銀行としたほうが生活を守れる場合もあると思います。

様々な方法を検討するにしても公的機関に相談するにしても数ヶ月単位の期間が必要な事も少なくないのですから、少しでも将来の支払いに不安があるようでしたら転ばぬ先の杖を用意しておいたほうが安心かと思います。

払えなくなって借金を増やしてしまって1年後には手がつけられない状態になってしまう人が後を絶ちませんので。

ページ上部に戻る