本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

新型コロナにトドメを刺された接待営業と枕営業

わたし個人的に接待営業には肯定的な立場をとってます。(枕営業は微妙かな?)

なんだかんだ言ってお金を回さないと経済が停滞しちゃいます。

今そのオリンピックの延期で追加費用が何千億円かかるとか話が出ていますけど、あれ?お金って使えば無くなるんでしたっけ?

どうも私の知っているお金(現金)と新聞などのマスコミの言っているお金は性質が違うようで、例えばスタジアム改修費用に1億円かかったとしてその代金は建設会社に回って、そこから出入りの業者だとか工作機械を販売している業者だとか、色んな所に回ってやがて税金の形で戻ってくるみたいな感じで、景気が悪い時はみんながお金を使って世の中にぐるぐるお金を回さないと駄目なんではないでしょうか?

おっと本題に戻ります。

減少傾向が続いた接待営業

バブルの頃ですが私の毎月の交際費予算は10万円でした。

でちゃんと使い切らないとチェックが入りました・・もちろんこの10万円の接待交際費で何十倍かの利益を出す為の投資みたいな感じでしたけど費用対効果で考えた場合、ちゃんと使った接待費以上の利益を生み出せていました。

具体的には取引が始まったばかりでパイプがまだ細い状態が接待交際によって一気に太くなったり、他社に付け入る隙きを与えなかったりみたいな感じです。

それがバブルが弾けて接待交際イコール良くないもの→予算の削減とか接待交際の廃止みたいな流れが続いてきたのですけど、今朝のニュースで新宿歌舞伎町のお店で集団感染発生とか、先日は接待交際のもう一つの雄であるゴルフでもゴルフ場での集団感染が発生してしまいましたので、ありゃりゃもう接待交際という営業手法が絶滅してしまうかもしれませんね。

AIに勝てる数少ない営業手法 接待

AIは一緒に飲食店にでかけて一緒に鍋をつついたりしないでしょうから、AI営業が出てきた時に生身の営業が勝てる土俵としての意味があったと思うのです。

もっとも人間と全く見分けがつかないアンドロイドが出てきてしまったら違うかもしれませんけど、人間が人間に対して商品を販売する手法として太古の昔から存在する手法なのですし、風前の灯火にはなってほしくないものです。

バブル時代と同じくらい接待交際が盛んになった未来であれば、新型コロナウイルスにも人類が打ち勝って、景気の方も回復して好景気がやってきていると思うのです。