本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

新型コロナでどう変わる?競売対策

不動産相場の下落と軟化する一部債権者

世界に蔓延する新型コロナウイルス感染症のなかで比較的、感染状況は軽微だと言われていますが経済的なダメージは非常に大きく表れ出しています。

不動産市場も例外ではなく売却成約件数大幅低下や仲介件数の大幅な減少として表れています。

そんな中で不動産競売の現場では裁判所業務停止により売却スケジュールは全て停止となっていますが、一部の債権者(債権回収株式会社等)において従来の対応から変化が出ています。

単刀直入に表現すれば一部の債権者に“現金回収を急ぐ動き“が出ているという事で、そのために売却方法や残債務の取り扱いに関して歩み寄りの動きが出ている例があります。

※競売取り下げの条件が下がってきたり、残債務の取り扱いについて従来よりも柔軟に応じる例が出ています。

リースバック(売却後も住み続ける)に追い風の動き

競売を乗り切る方法の一つとして自宅を売却した後も家賃を支払う形で、そのまま住み続けるリースバックという手法がありますが、一般的な不動産市場が低迷する中で、最初から賃借人が確保できている賃貸物件は投資家にとってリスクが少ない投資と言えます。

また売却する所有者にとっては不動産市場が軟化するなかで希望する家賃になるように交渉しやすい要素がある時期だと言えるでしょう。