本サイトの目的:住宅ローンが支払えなくなった方やご自宅が競売になってしまった方へピンチをチャンスに変える考え方を伝えることが目的です。
本気でピンチをチャンスに変えようと思われた方は無料相談をご利用ください。
無料プレゼント 競売、無料相談 ハウス・リースバック

買ってはいけない&立ち退き推奨物件の事

普段から所持所により競売になってしまった家(戸建て住宅&マンション)に出入りして居るわけですけど、どういったわけなのか所有者が何度も入れ替わって、そのたびに金銭的な問題で裁判から競売申立に至っている家に年に何度か出くわすことが有ります。

訪問する前にそういった過去の状況は登記簿謄本を確認してからの訪問ですから、予備知識の影響なのかもしれませんけど、一歩家に入った瞬間から何となく良くない“気“が充満しているように感じる家が間違いなくあります。

あとマンションでも何故か同じマンションから部屋は違うけど立て続けに競売物件として出てくる一棟まるごと何かあると思ってしまうようなマンションも実際あります。

競売は環境を変える良いチャンスと捉える

住んでいるご自宅が競売にかけられて立ち退きを迫られると言う事は金銭的な問題が大きくなっているわけですが、その大元には失業だったり家庭不和や離婚など、とにかく人生におけるマイナスな事が絡み合っているのが控えめに言って一般的です。

私は風水だとか家相とかその手の知識は全く持ち合わせていないのですけど、過去何度も所有者が競売で変わっているとか、何度か良くない“気”が感じられるような家でしたら、自宅に住み続ける事を諦めて心機一転新天地で再スタートをする良い機会だと思った方が良いと思います。

条件が悪いと安く住み続ける事も可能ですが

立地条件が悪いとか築年数が古いとかの条件があると売却価格は低い代わりに、リースバックという手法で住みつづけるには安い家賃で住みつづける事が可能になります。

新しくアパートを借りて引っ越すよりも格段に今のまま住みつづけるほうがお得な場合はリースバックも選択権に入れるべきですけど、そうでない場合でしたら気持ちを切り替えるべく思い切ってチャンスと思って引っ越してしまうのも良いのではないかと思っています。

住まいが住み人に何らかの影響を与える事

これを否定できる人はいないと思っています。

それは健康だったり(日当たりだとか土壌だったり風通しだったり)家庭内の人間関係(間取りの問題や隣近所の人間関係が影響してとか)、仕事関係でも通勤時間とか大なり小なり住まいというのは住む人の人生に影響を与えない訳がないのです。

そんな視点で考えてみたら、色々ついてない事が重なって金銭的なトラブルが出てきて自宅が競売になった時に、住まいを代えるイコール環境を変えて人生の運気を変えると思っておいて損は無いと思うのです。