ブラックリスト掲載の確認

ブラックリストと言うからには、どこか秘密の場所に厳重に保管されていて業界関係者しかその内容を確認できないと、思ってしまいますが自分の事に関してでしたら、自分がブラックリストに掲載されているかどうかを確認する事が出来るのでありまして、まあ状況としては過去にブラックリスト入り致しまして、ほとぼりが冷めた頃?に自分がブラックリストから削除されているかどうかを確認する位だと思いますが、例えば自分の子供の為に連帯保証人になる場合などですと、ブラックリストに掲載された状態ですと、通常は連帯保証人にはなれませんので、確認しておく場合が有りそうですね。

ついでに書いておきますと、よからぬ業者の中には、電話をかけてきてあなたはブラックリストに入っているとか言い出しまして、ブラックリストから削除するために事務手数料と称して現金を出させる輩が存在するようですが、手違いなので間違って登録されてしまった場合でしたら、申し立てを行えば速やかに削除されますし、実際に過去において債務不履行などの金融事故を起こしている場合ですと、一定期間(通説によりますと5年間)は、お金を出してもブラックリストから削除される事は有りませんのでご注意下さいね。

さて今回のコラムの本題であります、ブラックリストに掲載されているかどうかの確認ですが、面倒な事に金融業者が加盟している団体ごとに管理団体が違うのでありまして、この辺りは金融業者や貸金業者のホームページに掲載されていますので、確認を取れば良いとお思いますが、逆に信用情報機関呼ばれます団体の何処にも加盟していない業者はブラックリスト入りしている人でも借り入れが出来る可能性が有るともいえますが、そんな業者は100%筋が宜しくないに決まっていますので、絶対に近づいてはいけないのです。

で信用情報機関ですが
■全国銀行個人信用情報センター
全国銀行協会が運営しておりまして、加盟しているのは全国の銀行や銀行系のカード会社や、保証会社(保証協会)です。

■CCB
クレジットカード会社や消費者金融(サラ金)、などが主に加盟しています。

■CIC
信販会社、保証会社

■テラネット
ローン会社やカード会社など

特定に金融機関から借り入れを起こす場合ですとかの場合は、各信用情報機関のホームページには加盟金融機関の一覧が表示されていますので確認が出来ます。

で上記に自分がブラックリストに掲載されているかどうかを確認するためには、個人を特定できる免許証や保険証などと手数料、申請書で確認が出来ますし遠方の場合は郵送でも受け付けているようです。