住宅ローン滞納、傾向と対策

人間らしい生活を営むために必要な要素として衣食住と言われますが、住宅ローン滞納で住んでいる家を失ってしまう人がジワジワと増えているようなのでありまして、これは景気の悪化によって職を失ったり、収入の激減によりまして計画していた住宅ローンが払えなくなった人と、アパートなどの賃貸住宅の家賃が払えなくなった人に分類されると思いますが、今回のコラムでは住宅ローンの滞納について考えてみようと思います。

まず最初に思い違いをしている人がいらっしゃるかもしれないので書いておきますが、銀行などで住宅ローンの借り入れを行うときに保証人をつける代わりに保証協会に保証料を支払って融資が実行された人もいらっしゃると思いますが、保証協会に保証料を払ったんだから万が一住宅ローンを滞納して払えなくなった場合は、保証協会が何とかしてくれるのではないかと勘違いしている人がいらっしゃるのではないかと思いますが、これは完全な思い違いで住宅ローンを借りた人にとっては保証人が不要になった以外は何のメリットもないって事ですね。

何らかの理由によりまして住宅ローンを滞納すると当然ですが銀行から督促の電話ですとか書面が送られてきます。

督促されて払えるのでしたら最初から払ってると思いますので、月を追って滞納額が一定以上になりますと銀行の方はこれじゃ埒があかないって事で、滞納者からではなくて保証協会に残債の一括請求をしまして、銀行としては一件落着みたいな感じになるそうです。

保証協会の方は代位弁済てことで滞納した住宅ローンを肩代わりするのですが、保証料を支払っていたからといって住宅ローンの残金を肩代わりしてくれるわけではなくて、今度は保証協会の方が滞納者に対して督促を行ったり、住んでいる家を競売にかけて処分したりするので有りますね。

そんな訳ですから住宅ローン契約者にとっては保証料金といった余計な出費をしているだけで、保険でも何でも無いのでありましてまぁ保証人を付けて螢惑をかけることを防いだってくらいなのでしょうかね?

思うに日本の住宅の資産価値ってのがバブル経済のことは上がっていましたけど、今では住宅を購入して住んでからどんどん下がってしまって、住宅ローンが払えなくなって家を任意売却などで処分しても多額の借金が残るって事が問題なのでは無いでしょうか?

ですから対策としては、家を処分して借金(住宅ローン)が帳消しになるのでしたら任意売却方面で手を打ちまして、それがダメでしたらとにかくリスケ交渉を続けて借金を増やさないで時間を稼ぐって事になってしまうのではないでしょうかね?