クレジット破産と総量規制とリスケ交渉

ひところよりはクレジットカードを使ったショッピングやキャッシングで破産する人について騒がれなくなリましたが、相変わらず自己破産者は高水準で推移していて多くの人がクレジットカードでの負債が複数に渡っている場合が多いそうですね。

クレジットカードの支払いが出来なくなった場合には、リスケ交渉も出来るのですがどうも簡単に新しいクレジットカードを簡単に作れてしまうので、リスケ交渉なんて面倒な事をしないで、新たに借入額を増やしてしまうので多重債務者になってしまう例が結構多数有ると思います。

さて来月より改正貸金業法が施行されまして総量規制と言われる、収入に応じたクレジット枠が厳しき規制される事になりますから、基本的にはクレジットカード破産者の減少が期待されています。

ただ思うに個人的にはあのリボ払いって支払い方法を廃止するなり致しませんと、クレジット破産は根本的に解決にならないように思っています。

リボ払いとは事前に毎月の支払額を決めておいて、定額が引き落とされる決済方法なのですけどあれって感覚をおかしくしますよね?

もちろんクレジット利用の未払い残高によって段階的に定額の支払額がスライド致しますが、基本的には1万円の買物も10万円のキャッシングも限度額に達するまでは、いくらクレジットカードで買物やキャッシングをしようと普通に利用出来て支払額もリボ払いで決めた額が引き落とされるだけですからね?

そうするとたぶん多くの方がクレジットカードでの支払いに感覚が麻痺してしまうと言いますか、どんどんつかって借金が膨らんで行く感覚が麻痺してしまうような気がするのです。

もちろん弊害は結構有るような気がしますが総量規制の考え方そのものは間違っていませんから、その方向で粛々と実施されて行くのでしょうがリボ払いも廃止してしまったらどうでしょうかね?

例えば1万円以下の買物は翌月の一回払いのみにして、それ以上の金額になるショッピングクレジットの利用についてはそのたびごとに支払回数を決めて分割払いにするとか、キャッシングに関しても同様にちゃんとその都度、支払いの回数を利用者が決めるように致しませんと借金の感覚が薄くなってしまうと思います。

ただクレジットカード会社としては一回払いでは殆ど収益に貢献しませんし、なにしろリボ払いの金利手数料が稼ぎ頭でありますから廃止は難しいのですけどね。

追伸

総量規制によって複数のカード会社にまたがった多重債務は起きにくくなりますが、逆によろしくない業者への流入が心配されています。

クレジットカード会社でもネバリ強く交渉致しましたらリスケ交渉も可能だと聞きますので、借入額を増やさないで解決する方向で考えましょうね。