貧乏から脱出する方法

えっと自分は金持ちだと思っていても中途半端な小金持ちの場合は徐々に没落していって気が付いたら中流以下って事も有りますし、経済環境の急激な変 化によって一夜にして全財産を失って一気に貧乏人の仲間入りですとか、昔から多いのには羽振りの良い中小企業の経営者が本業の業績悪化ですとか倒産によっ て、夜逃げと か一文無しの貧民入りなって事も日本中にはそれこそ山のように事例が有ると思いますが、貧乏からの脱出については宝くじに当たったなんて、真似をしてはい けないような方法以外にはあまり表に出てこない時代になってしまいまして、今回のコラムでは無一文からの貧乏から脱出する方法に付いて私なりに考えて書い て見ようと思います。

でねまずその心に刻んで欲しいのは、宝くじを購入するのはお 金に余裕のある人が行う遊びだと認識すべきでしょうし、ネット上には随分と氾濫していますが、金持ちになる方法とか毎月50万円が振り込まれる方法とかそ の手の情報は絶対に手を出したりお金を出したりしてはいけないのでありまして、やるべき事は同時並行で二つの事をやるべきなのでありまして、一つは100 万円単位の貯金を計画して貯めるって事と、稼げる資格か技能を習得する事でしょうね。

まずね2年とか3年間は質素と倹約に徹して貯金に励むのですが、これはもう徹底して行う必要がありましてさっさとテレビは処分して NHKなんぞは素早く解約すべきでしょうし、新聞の購読は止めて夜は余計な電気を使わないように早寝しますし、食事もバランスの取れた食事に高いお金は不 要ですし、外食などは目標の貯金が達成できるまで一切禁止にしましょうね。

移動も極力徒歩と場合によっては自転車で結構な移動が出来るのでありまして、自動車は極力手放しましょうね。

何と言いますか資本主義経済の原則なのか、実はお金にも意識があるのか分かりませんが、お金のあるところにお金が集まるのは事実なので 有りまして、多分これはお金ってのは結構寂しがり屋で、友達が沢山集まっているところに自然と集まるって事でしょうかね。

※貯金どころじゃ無くて借金が増えていく一方の場合でしたら、借金を増やすだけ他人様に迷惑かけてしまう事になりますので、借金増やす 事は止めて弁護士に相談して特定調停するなり思い切り良く自己破産してしま うなりして、借金の増加を止めて反転攻勢に出ましょう。

あとはお金を無理しても貯めながらとにかく自分の頭で冷静に考えて、どんな能力が自分に不足していてどのように行動すればよいのかって 考えて計画を立てる事でしょうね。

簡単な事のようでこれが出来ていない人が実は圧倒的に多いので有ります。