マンションと住宅ローンの滞納

あてと褌は向こうから外れるなんて事が言われますが、人生そうそう順風満帆に徹頭徹尾平穏無事に過ごせるとは限らない訳でありまして、聞いた話では今の日本で25年とか30年とか長期にわたって住宅ローンを組むなんてのは、かなりのリスクを伴う事ってわけで有りまして、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

さて日本におきまして土地神話とか不動産神話ってのが生きていて、国土が狭い日本国において人口が増加しているのだから、土地や不動産の値段が下がる訳はないって、エライ経済学者なんかも豪語していた時代でしたら、幾ら高額の住宅ローンを組んで一戸建てやマンションを購入して、住宅ローンの返済中にリストラにあったり努めたいた会社が倒産してしまって、住宅ローンを支払う事が出来なくなってしまったとしても、多くの場合において物件を手放せば多額の借金が残る事もなく、賃貸住宅で人生の再スタートを切る事が出来て、破綻するような事は少なかったと思うのですが、新築で入居して住んでいる間にどんどん資産価値が下落してしまうような局面では、そうとうリスクが高い買い物って事になってしまいますよね。

さて今回のコラムはマンションの住宅ローンの滞納って話題なのですが、どうも一戸建て住宅と比べますとマンションの場合は管理費とか修繕費の積み立てが御座いますので、住宅ローンの返済に困って物件を手放そうとしましても、住宅ローンの滞納同様に管理費とか修繕積立金の類まで滞納していますと売却時には滞納分の管理費の精算が必要になって来るので有りまして、この辺りは一戸建て住宅の場合と比べまして、ローン支払いに困った時のリスクがより高いような気が致しますね。

まぁ想像するに住宅ローンの滞納の前に先に毎月の管理費とか修繕積立金を先に未払いが累積されてしまって、最終的に住宅ローンのほうが支払いに困ってしまったり致しますと、下手するとマンションを売却しても、未払いだった管理費ですとか修繕積立金の支払いで相当の出費になってしまう事が出てきてしまうのではないかと思うので有りますが、この辺りは土地付きの一戸建て住宅よりも、条件的に厳しいところではないでしょうかね?

追伸
このマンションの管理費ですとか修繕積立金ってやつは一部屋でも支払いが出来ない所が出てきてしまいますと、世帯数が少ないマンションなんかでしたら結構被害は甚大で正常な維持管理が出来なくなってスラム化してしまう何て事も考えられる訳ですから、結構リスクが高いって認識しておいたほうが良いのでしょうね。