住宅ローンのリスケ交渉

勿論銀行とか金融機関の体質みたいなものが出るとは思いますが、はっきり言いますとリスケの交渉に出かけて二つ返事でOKを出してくれるって場合は、たぶん皆無で現行としては面倒だし融資の焦げ付きなど事故扱いの案件が発生すると個人の査定や視点の評価にも響くので、出来ればリスケ交渉には応じないで高圧的な態度または慇懃無礼な対応で、何とかして約定通りに支払わせましょうって事なのでしょうけど、そこで折れてしまったら何のために銀行に出かけて交渉しているのか分からなくなりますよって事になるのでは無いでしょうか?

まぁ中には簡単に諦めてしまって銀行がリスケの交渉に応じてくれないなら仕方が無いから、どうかで何とかお金を工面して住宅ローンの支払いだけは何とかしようって事で、会社の給料を前借りするくらいなら構わないと思いますけど、目先の住宅ローンの支払いのために消費者金融からお金を工面してしまうような行動はまずいと思います。

たぶんね、住宅ローンを滞納してしまうと担保として差し出している住宅を銀行に取られてしまって競売にかけられて住む場所が無くなってしまうとか、中古住宅の査定価格が低くなりすぎて家を手放して住宅ローンを精算しようと思っても、家を手放した上に借金が未だ残っているって最悪の事態が想像されてしまって、高金利の借り入れに走ってしまって、結局は自己破産なんて事になってしまう人も中にはいらっしゃるのでは無いでしょうかね?

しかしですね、はっきり言って住宅ローンの支払いを続けるために、うんと高い消費者金融からお金を借りてきて穴埋めするなんて事は、冷静に更に第三者として考えれば相当無謀で危険な事だって分かると思うのですが、流石に自分の事になると中々冷静でいるって事は難しいのでしょうね。

で、話を銀行との住宅ローンのリスケ交渉に戻しますが、こうすれば絶対にリスケ交渉に成功するって方法はたぶん無いのでしょうけど、無理の無い必ず支払える金額の範囲で、誠意を持って銀行の担当者と話し合うしか無いので有りまして、何らかの支払い計画書が一緒に作成できるような状態まで持って行く必要が有ると思います。

最初に少し書きましたけど、銀行としても二つ返事で簡単にリスケの依頼に応じていたら、困ってしまう事も色々有ると想像できますので、そうは簡単に条件変更って事にならない事を肝に銘じつつ、粘り強く交渉に当たれば銀行としても破産されて損害を受けるよりも、リスケに応じてもしっかり回収したいと思うようになるのでは無いでしょうか?