任意売却のトラブル

ネット上のニュースで流れた話ですからご存じの方も多いのでは無いかと思いますが、マイホームの任意売却時のトラブル急増なんだそうですね。

不動産の任意売却とは簡単に説明致しますと、無理して住宅ローンを組んだとか勤務している企業の業績悪化によって給料のダウンや、ボーナスのカットなどによって、住宅ローンの月々のもしくはボーナス払いが不能になってしまった場合、一般的には担保として設定した不動産を銀行など住宅ローンを貸し出している金融機関が差し押さえまして、競売にかけるわけですけど、競売には事前に物件の中を確認できないとか、後で瑕疵が見つかっても保証がないとか入り色な理由から競売の場合は、売却価格がすごーく安くなってしまうんですよね。

そこで登場するのが任意売却って仕組みなのですけど、競売にかかる物件を債権者と交渉して通常の方法で売却する事で、競売よりも高く物件を売却してしまおうってやり方です。

まぁ競売よりも高く販売する事が出来ますから、債権者も多少でも多く債権を回収できますし、債務者(この場合は住宅ローンを払えなくなった人)も高く売れる事によって債務が減ったり引っ越し費用を捻出できたりしますし、任意売却を取り扱って業者には仲介手数料が入ってきて、まさに良い事づくめなのですけどそう簡単に現実はいかないようなのですよね。

何でも本来は売買(任意売却)が成立した時点で受け取るべき仲介手数料を先に受け取って、結局は売買不成立でお流れになってしまうとか、任意売却ってのは債権者(銀行などの金融機関)と交渉したり法律的な知識が必要だったり、売却代金の中から引っ越し費用を捻出する必要が出てきたりと、普通の不動産業者が少し囓ったくらいでは、対応が難しい場合が多いのですけど、なにせ不動産業界は思いっきり不況ですから、住宅ローンの支払い不能者が増えて任意売却が増えるって事になれば、参入してくる不動産業者も多いのでしょうね。

でね、住宅ローンを滞納して任意売却とか競売とか差し押さえって状況になっていますと、たぶん冷静な判断能力を失ってしまう人も少なく無いと思いますし、悪徳不動産業者も表面上は親切な人を装いますから、ひっかかってしまう人が今後もどんどん出てくるのでは無いでしょうかね?

そもそもアメリカのように住宅ローンは基本的にノンリコースローンってやつで、住宅ローンが支払い不能になっても、担保の不動産を差し出せばチャラになるような仕組みを導入すれば、自己破産者も減ると思うのですが、政治と業界団体の壁は厚いのですよね。