初年度無料のクレジットカードの請求書

仕事と言いますか金融機関とのお付き合いの関係でそーしても断れなくて、とあるクレジットカードを1年ほど前に作りまして、最初から一切使う気もないので届いたその日にハサミを入れまして、初年度の年会費は無料だけど2年目から年会費がかかるのでその前に解約するって事になって居まして、まぁいきなり解約するのも担当者に悪いから、年度切り替えのぎりぎりまでそのままにしておいて、切り替えの直前に解約しようと思っていたのですが、これが失敗してしまいましたね。

たぶんね、銀行系のクレジットカードで行員さんとかに一人獲得を何件とか言った形で、カード発行していてしかも2年目から年会費がかかるカードなので、2年目に突入する前に解約されないように色々考えての結果なのだと思うのですけど、まず請求書(引き落としの案内)が2年目に入って2か月くらいしてから、発行になるらしくて私の場合は4月の1日にカードが2年目の契約に入ったようなのですけど、年会費引き落としのお知らせが来たのが6月の下旬で、引き落としは7月10日になっていました。

まぁ一番は私が解約するのをすっかり忘れていたのが問題なのですけど、銀行及びカード発行会社のほうも無料で発行して、付き合いで加入したせいで一回も使用されないまま、年会費無料期間中にあっさり解約されてしまいますと、事務手間の分だけ損失を被ってしまいますので、色々考えるのでしょうけどね?

でね、個人的に思う事を書いて見ますと、結構その富裕層向けのアメックスとかその手のカードは年会費がしっかりそれなりに必要になりまして、逆に楽天カードだとかガソリンスタンド提携のカードなんかは年会費が無料の所が多いように感じるのですけど、特典とかを考えなければ富裕層の人のほうが焦げ付く可能性は低いですし、買い物も沢山しそうですからカード会社にとりまして多くの利益を提供してくれる可能性が大きいので、年会費は無料で良いような気がしますし、逆に収入が低い一般庶民向けのクレジットカードは買い物額も少ないし、回収遅延が発生する可能性も高いし、年会費を徴収しても良いような気がするのですよね。

まぁクレジットカードを発行する会社にはそれぞれ信念や考え方があって年会費とか、特典を決めているのでしょうけど時に理解できない事が有るのですよね。

まぁ私は1枚はクレジットカードを持ってますけど、基本的には使わないで現金でいきたいのですけど、ポイントとか特典やメリットが色々有るのでつい使ってしまうのですよね。