返し切れない借金の対策と方法(債権放棄と債務圧縮と自己破産)

住宅ローンの滞納から自宅の差し押さえ~競売に至るケースが相変わらず年間3万件を超えるペースになっているわけですが、今回は返しきれない借金の対策と方法について書いてみたいと思います。

目的は一緒でも方法はいくつかあります。

まず収入と生活に必要な現金を計算すると逆立ちしても返済できない状態まで膨れ上がった借金にかたをつけて、普通に生活できるように返しきれない借金をなんとかしようとする事を目的と仮定した場合に、取れる方法はいくつも複数存在するという事です。

もちろん無い袖は振れないの諺もあるように、いくら債権者が頑張って取り立てをしても無一文の人から回収できないわけですけど、やはりどこかできちんとすべきことがお金の問題ではないかと思います。

返し切れない借金の対策の基本的な心構えと考え方

方法については後述しますが多くの場合に置いて債権者(あなたは債務者です)を敵にするのではなく、味方にする事が基本的な考え方だと思います。

例えば無理のない範囲での分割払いにするか、借金を減額してもらう交渉をするときにですよ。

Aさん

「払えないものは払えないんだからしょうがないだろ!」

Bさん

「ご迷惑かけて本当にすいません、相談が・・・」

貴方が債権者だったとしたらAさんBさんのどちらに優しく対応しようと思いますか?という事です。

では基本的な考え方をご理解頂いたと思いますので具体的な方法について取り上げて見たいと思います。

実は大きく分けてもこれだけの方法があるのです。

自己破産

一般的に広く知られている借金帳消しの方法でご自身で裁判所に申し立てて自己破産する事もできます。

ただし税金は自己破産しても帳消しになりませんので、自己破産後も支払う必要があります。(生活保護になっても凍結されるだけで免除にはなりません)

個人再生

個人での手続きはハードルが高い方法ですが、債務を1/5程度に減額して残りを分割で支払っていく方法です。

債務放棄と債権免除

差し押さえ可能な資産も財産もなく収入も非常に少ないので取り立ては無理だと判断された場合、未来永劫帳簿に残すわけにいきませんから、状況によって全額または一部の債権が免除される場合があります。

実質的な債務免除

借金が何千万もあるのに月収が20万円未満で返済に回せるのは毎月1万円がやっとこさ・・・

でも毎月1万円の返済で納得してもらうみたいな感じが実質的な債務免除状態になるのですが、債権者も放置されて督促を継続するよりも手間もコストも掛からないですから、粘り強く丁重に交渉する事によって実質的な債務免除を勝ち取る事がハードルとしては一番低い方法かと思います。

敵を知り己を知れば百戦殆うからず

ざっとあげただけで色々な方法がある事を理解していただけると嬉しいのですが、解決の方法は複数あるのが現実なんですから、冷静に状態を把握してみると必ず道はあると確信しているのです。